歴史あるソープ街

笑顔の女性

国内外から訪れる観光客で賑わう東京の古い下町、浅草。浅草寺や仲見世通りなど、有名なスポットが目白押しのココからすぐのところに、日本最大のソープ街が存在しています。その名は吉原。大小さまざまな高級店、大衆店がぎっしりと並び、軒を連ねて独特の景観を形作っています。
高級店の中には迎えの車を出してくれるところもあり、多くはそこからほど近い鶯谷駅などがお迎えのスポットになっています。
吉原への道は結構入り組んでいるので(未成年者などが間違って入り込まないようにする配慮だとか)、初めて吉原のソープを利用するときは予約をして、送迎をお願いするのが確実です。

さて、吉原がこれほどの知名度を誇っている理由のひとつは、その名前にあります。
場所は今と違っていますが、「吉原」はかつて江戸時代に日本最大の遊郭の名前として有名でした。現在のようにネットも電話もなかった時代ですが、「江戸」という栄えた都市があること、そこには夜も明るく賑やかな吉原という街があることは日本全国津々浦々に知られていました。
当時の男性は、「人生のうちに一度はイキたいもんだ」と夢に見ていたといわれています。やがて戦後に遊郭という存在を廃止することが決定し、風俗業界のあり方が大きく変わってからは、吉原はソープランドの街として新たな歴史を刻み始めました。
江戸時代とは違い、現在は日本全国どこからでも吉原を目指すことができます。
知名度の高さから近寄りがたさを感じる人もいるかもしれませんが、遊び方自体はどの街のソープとも変わりません。ぜひ挑戦してみてください。