関東のソープ街

シャツがはだける女性

日本全国、それぞれの地域に有名なソープ街が存在しています。
バスルームとベッドルームがくっついたプレイルームでいろんな楽しみ方ができる、「風俗の王様」とも呼ばれるソープランドを堪能できる街です。
関東では、何といっても東京の吉原が有名です。詳細は『歴史あるソープ街』という記事で書いています。
しかし実は関東のソープ街、吉原だけではありません。たとえば東京都のおとなり、神奈川県にも全国的に(風俗マニアの間では)よく知られたソープ街があります。それは川崎市のソープ街。川崎市の中でも東京都に近いエリア、堀之内界隈を中心とするソープ街は、特に高級店が多いエリアとして知られています。高級ソープランドは、料金がそれなりに高いかわりに女の子のレベルが高く、サービスのレベルも高いという風俗の王様の中でも特に地位の高い王様、というべき風俗店です。芸能人並みのルックスを誇り、やわらかいカラダから繰り出されるさまざまな性のワザでお客にめくるめく快楽を味わわせる高級ソープランドの女の子……風俗ファンとしては、ぜひ川崎に足を運んで一度経験しておきたいところです。

ただ、川崎のソープ街でもそうですが、高級ソープランドは古くからのしきたりを大事にするお店でもあります。
たとえばソープランドでは昔から料金が「入浴料」と「サービス料」というふうに二つに分かれています。川崎の高級ソープランドのホームページを見て、料金をチェック。そこに記されているのは、たとえば「100分20,000円」の文字。
「なんだ、それほど高くないじゃないか」などと安心するのは早計です。20,000円はあくまで入浴料。店頭ではここにサービス料を加算した金額を支払わなければならないのです。
「いくら持っていけばいいのかわからん。不安だ」という場合はお店に行く前に電話で問い合わせをしてみましょう。
高級店らしく物腰丁寧なスタッフ氏が、教えてくれることでしょう。